みなさんこんにちは、ここでは実際に私が体験した遺品整理に役立つ情報を発信していきますのでよろしくお願いします。

故人が遺した衣類・・・それの遺品の整理に悩んでいる人ってけっこういるのではないでしょうか?

死んだ人が残した、また、故人にゆかりの、品物。

その中でも、衣類は量が多く処分に困っている方も少なくないと思います。そこで今回はその衣類の処分方法についてご紹介していきます。
大切な家族が絶たれ、故人が使っていた衣類は中々処分できない方もおおいでしょう。しかし、そのままにしておいても片付くわけではありませんよね。
遺品となった衣類をどう処分して良いか悩んでいる方はぜひこの記事をよんで実行してみてください。
  • 1.遺品整理はどうして複雑になってきたのか?
  • 2.残されやすい衣類はどのような
  • 3.形見として残された衣類はどうしたらよい?
  • 4.衣類を売却する方法なんてあるの?
  • まとめ

1.遺品整理はどうして複雑になってきたのか?

現在から30~40年くらい前までは、2世帯・3世帯同居の家族も珍しくはなかったと聞きますよね。また、個人の持ち物もそんなに多くなく愛用していたものは家族や友人など近隣で分け合ってしまったのでそれで終わったようなものだと言いますね。
しかし、現在では高齢者世帯と子供の世帯が別に暮らしていることは珍しくはありません。つまり、家電から生活用品にいたるまで親と子が同居している家よりも別に暮らしているほうが量的には2倍以上あると言えます。
また、高齢化社会の現代では70歳以上の方は特に「モノを大切にする」という習慣があります。ですから、たとえそのものを使わないものだったとしても捨てずにとっておくということが多いのです。特に、衣類は捨てるのではなく何十年前の物でも押し入れの奥に入っていることが少なくありませんよね。
さらに、いまではレンタルなどで済むような「着物」を大量に残して亡くなる方もいるでしょうし、昔は古い着物を仕立てて子供に譲るといったことも多かったと思います。
便利になった今では、着物を買ってタンスにしまっておく人も少なくなっています。ですから、形見分けをしきれない遺品の整理、衣類の整理に悩む方も増えているのですよね。

2.残されやすい衣類はどのような

遺品と呼ばれる中にある衣類はどのようなものがあるのでしょうか。この項では、遺品になりやすい衣類の一例をご紹介します。

2-1.スーツ

男性女性問わず、昔着ていたスーツを捨てられないという方は多いですね。学校行事があれば子供と一緒に写真をとったスーツ。古いスーツでも大切に保管してあることが少なくありませんね。
男性用のスーツには流行がないとおもわれがちですが30年前のスーツと現在のスーツを見比べると細部が変わっていることに気づかれるのではないでしょうか。また、女性のスーツではブランドのスーツをたくさんそろえている場合もあるかと思います。

2-2.着物

着物と言えば、昔は嫁入り道具として着物を一式作成してもらうのが当たり前だったそうです。また、高齢者の中には着物が普段着という方もいると思います。高価な正絹でできている着物がが何枚も残されているというケースはすくなくありません。
しかし、現代では着物を着る機会はほとんどありませんし特に正絹の高価な着物は手入れなども大変なため、タンスにしまったままになってしまうことも・・・
また、着物を古着屋さんでリメイクすることも可能ですが、特徴のある服になりやすくなるために普段着で着るには迷ってしまうと思います。

2-3.パジャマ

病院に入退院を繰り返すようになって介護を受けていたりするとたくさんのパジャマが必要になってきます。予備で買ったパジャマがそのまま残されることもあるかと思います。また、介護用のパジャマは着脱しやすい設計になっているので普通の人(健常者)には使いにくい側面も持っています。

3.形見として残された衣類はどうしたらよい?

形見として残された衣類はどうすればよいのでしょうか?この項ではその処分の方法をご紹介いたしますね。

3-1.お気に入りだった衣類は故人に着せてあげましょう。

故人が生前に気に入っていた洋服や高価なスーツなどは棺桶に入れてあげるなどして一緒に送ってあげましょう。現在では棺桶に入れる際には金属でできたボタンなどは剥ぎ取って入れる対策もあるようですのでホールでの係員さんに聞きながら入れてあげる方がよいかもしれません。

3-2.形見分けをする

買ったままの衣類でタグが付いたままの状態であれば友人など近所の方がもらってくれることがあります。故人と同年代のかたならばデザインも問題ないかもしれませんが洋服は趣味が違う可能性もあるので注意しましょう。兄弟や子供たちで故人を偲ぶものとして形見分けをすることも少なくありません。

3-3.形を変えて保存する方法

衣類の引取りても見つからないまま捨てるには忍びないと思うものは、形を変えて保存するという方法があります。その中で最も簡単なのがスマホで画像を取って保管しておくという方法。
その方法では繊維を触ったりできないという方は、故人の洋服を使って小物入れやぬいぐるみなど、昔はお手玉などを作ってリサイクルしていたそうです。その方法でも使うたびに故人との思い出を思い出し良いかもしれません。

3-4.思い切って処分する

衣類の中でも化学繊維以外の繊維は天然でできた素材です。ですので、どんなに丁寧に保管してあったとしても劣化してきてしまうとおもいます。絹やウールでできている製品であれば虫が大好物な素材であるので住み着く恐れもありますし、一度袖を通したものであれば黄ばみやカビなどが生えてしまったりします。
さらに、洋服にははやりがありますので「いつか、誰か着るかも・・・」と取っておいても結局はタンスにしまいっぱなしになりカビや小動物など虫が住み着いてしまう原因にもなりますよね。
ですので、思い切って処分してしまう方法も有効的にはなると思います。

4.衣類を売却する方法なんてあるの?

故人が大切にしていた着物や毛皮、さらにはブランド品の洋服は捨てるのがもったいないという方も少なくありません。
洋服にははやりがありますが、着物や毛皮などは使用回数が少ないほど値が付くことがあります。
現在は、着物は外国人向けにレンタル着物を作っている着物やさんや、毛皮などは好んで毛皮ばかりを購入するコレクターさん、ブランドの洋服は洋服専門の古着やさんと売却する方法はありますが、新品の時は高かったからと言って現在も高く売れるとは限りませんので注意しましょう。
綿の素材でできたものであれば掃除のときに使うこともできます。家を掃除する時に何げなく使っていない洋服で雑巾の代わりに拭き掃除をしてそのまま使い終わったら処分する方法も有効活用といえるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?遺品となった衣類の処分方法についてご紹介いたしました。
  • 衣類はどんなに丁寧に保管しても劣化してしまう
  • 愛着のあった衣類は故人のお棺に入れてあげる
  • 引取りてのない衣類は思い切って処分してしまう
  • 高価な着物や毛皮は専門のところへ売却できるかもしれない
以上が、衣類の処分に困っているときの決断方法です。きれいに染め上げられた着物を処分する時にたまらってしまう人も多いと思いますが、何枚も残しておいても役立つときはないかもしれませんし、最後は形を変えて端切れとして使うことになってしまうかもしれません。
美しい思い出として記憶に残しておくならば思い切って処分してしまった方がいろいろと考えずに楽かもしれません。
人それぞれに思い入れはちがいます。どうかタンスの肥やしになるのだけは回避してあげませんか。

【ポイント】遺品整理の専門家